ストレス 育毛剤

ストレスが原因による生理不順・・・

私は当時2人目を出産してそのまま専業主婦として働かないで家にいました。
2人目も手のかかる時期から少し落ち着いたので仕事を探し始めていた時に、
当時家族で加入していた保険会社の方から保険の営業の仕事を紹介されました。

 

詳しく話を聞くと、始業から定時までの時間も私の探している条件にぴったりでしたし、
お給料も良く福利厚生などもかなり充実していたのでわたしは迷う事なく保険の営業の世界に飛び込みました。

 

始めの3ヶ月間は研修で、勉強をして試験をしたりと学生の頃に戻ったみたいでとても楽しかったですし、
営業のノウハウを学んだりもしたので営業という職種に全く不安感などはなかったのですが、
研修期間が過ぎいざ各部署での仕事につくと全く話で聞いていた世界とは違いました。

 

まず、始業の時間はいつも同じですが、定時の時間はあってないようなもの。
厳密にいえば、会社側が強要はしていないが、仕事の成績が上がっていないのなら
自分でどうすればいいか考えなさいといった雰囲気を出し、結果毎日時間外や休日の仕事を
しなければなりませんでした。

 

これによって私は、子供を保育園に迎えに行き、誰かにまた預けて仕事をするか
子供を連れて歩いて仕事をするかを毎回残業の度に行っていました。

 

仕事の成果をあげる為のプレゼントなどは全て実費で毎月の出費はかなりの物で、
始めに聞いていたお給料とは程遠いお給料でした。

 

度重なる残業、金銭の出費で私はストレスからまずは眠れなくなりました。
眠っていても夜中に何度も目が覚めてしまいトータルの睡眠時間がかなり少なくなっていました。
睡眠不足が祟って日中細かいミスをする事が増え、結果また残業の時間が増えるという
負のスパイラルが始まっていました。

 

 

そんな生活を数ヶ月送っていた時に今度は生理がピタッと止まってしまいました。
寝不足から体調を崩して食欲がなくなってしまった事が原因でした。
身体が限界だと思い、私は思い切って主人に相談をしました。

 

生理不順が原因でしょうか。
前髪の生え際が薄くなっているようにも感じました。

 

今まで主人に話した事がなかったので、かなり驚いていましたがすぐに仕事を辞めてきてと言われ、
上司に話しその1ヶ月後に退職しました。

 

こうなるまでに何回も上司に相談したりしていましたが、結果を出してから、
の一点張りで私の話には見向きもしてくれませんでした。

 

私はもっと早く決断して主人に相談をしていれば良かったんじゃないかと後々思いました。
でもその時は何とか頑張ろう頑張ろうという気持ちのみしかなく、そういった気持ちが自分を結果的に
追い込んでいったのではないかと思います。

 

仕事を辞めて数ヶ月間は不眠に悩まされました。
生理は1年間きませんでした。

 

ストレスで体調を崩すと、そのストレスの原因から離れても回復するには
何倍もの時間が必要になるんだなと思いました。