ストレス 育毛剤

ストレスによる薄毛の原因・・・

ストレスが原因による抜け毛、薄毛でお悩みのあなたへ。

 

「ストレスのせいで髪が抜けた!」
「ストレスが原因で髪が薄くなった!」

 

現代社会はストレス地獄です。
ストレスが原因による抜け毛、薄毛で悩んでいる人はたくさんいます。

 

薄毛、抜け毛の対策といえばまずは育毛剤を使用すること。
育毛剤で対策することは間違っていませんが、

 

 

間違っているのが、育毛剤の選び方です。

 

 

世の中には山ほどたくさんの種類の育毛剤が存在しますが、

 

  • ストレスに効く育毛剤
  • ストレスに効かない育毛剤

 

というのが存在するのです。

 

ストレスで抜け毛や薄毛といった髪トラブルが発生する原因をちゃんと理解していない限り、
むやみやたらと育毛剤を使用したところで、髪は元には戻らないのです。

 

ストレスで抜け毛や薄毛になるメカニズムは人により異なりますが、
最も多いのが以下のパターンです。

 

 

ストレスで髪が抜けるパターン

強いストレスがかかる

自律神経が乱れる

ホルモンバランスが乱れる

テストステロン(男性ホルモンの主成分)過多になる

ジヒドロテストステロン(活性型男性ホルモン)が増加する

抜け毛、薄毛といった髪トラブルが発生する

 

 

もちろん、このパターンだけではありません。
自己免疫疾患による円形脱毛症や、ストレスによる内臓機能の低下、
睡眠不足による代謝異常、皮脂分泌過剰による頭皮環境の悪化など、
ストレスが原因による髪トラブルのパターンは他にもあります。

 

ですが、

 

ストレスが原因による髪トラブルで一番多いのが、ホルモンバランスの崩れによるものです。
ジヒドロテストステロンの増加による髪トラブルです。

 

以下のグラフからも分かるとおり、ストレスがもたらず薄毛、抜け毛の原因は、
ホルモンバランスの崩れによるものが圧倒的に多いのです。

 

 

ストレスがもたらす薄毛の原因

※ストレスが原因のハゲには、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

ホルモンバランスの崩れでなぜ、髪が抜けるのか!?

ホルモンバランスが崩れることで抜け毛や薄毛に見舞われるのは、
ジヒドロテストステロンという活性型男性ホルモンが増加することが原因です。

 

活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、元々体内に存在する成分ではなく、
男性ホルモンの主成分であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の還元作用によって
変換されたものです。

 

 

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

 

 

ジヒドロテストステロンは、毛根の毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプターと呼ばれる
男性ホルモン受容体と結合することで脱毛作用を働きます。

 

 

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 脱毛作用

 

 

ストレスによって抜け毛が増えたり、薄毛になったりするのは、ホルモンバランスの乱れにより
テストステロンの分泌が過剰になり、それによってジヒドロテストステロンの産生が増加するからです。
通常よりも、ジヒドロテストステロンの発生が過剰になることで脱毛作用が強く働くというわけです。

 

 

テストステロン過多 →→ ジヒドロテストステロンの過剰発生 →→ 脱毛作用が強くなる

 

 

”ストレスで髪が抜ける”、”ストレスでハゲる”と巷ではよく言われていますが、
原因物質はジヒドロテストステロンという活性型男性ホルモンです。
この物質が過剰発生することで脱毛作用が強く働くのです。

ホルモンバランスの崩れによる薄毛の特徴・・・

ストレスで髪が抜けるのは、ホルモンバランスの崩れが主な原因です。
ホルモンバランスの崩れによって過剰発生するのがジヒドロテストステロンです。

 

ホルモンバランスの崩れ、ジヒドロテストステロンの過剰発生による
薄毛症状の表れ方、ハゲかたには特徴があります。

 

顕著に症状が表れるのが、前頭部と頭頂部です。
前頭部と頭頂部の毛根には、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が密集しているからです。

 

ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結合することで、
脱毛作用が発生するのです。

 

人により個人差はありますが、ハゲかたの特徴は以下のとおりです。

 

  • 前頭部が薄くなる、前髪が後退する
  • 頭頂部が薄くなる
  • 前頭部+頭頂部が薄くなる

 

※ストレスが原因のハゲには、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

 

アンドロゲンレセプターは、側頭部や後頭部にはあまり分布していませんが、
前頭部と頭頂部に密集している傾向があります。

 

※ストレスが原因のハゲには、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

 

そのため、前頭部と頭頂部の髪が脱毛作用を受けて抜けてしまうのです。
逆に、側頭部や後頭部の髪はほとんど影響を受けることがありません。

 

側頭部や後頭部の髪はフサフサしていて問題ないにも関わらず、
前頭部や頭頂部の髪が薄くなってきているのであれば、ホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高いです。
ホルモンバランスの崩れによりジヒドロテストステロンが過剰発生し、その影響を受けているということです。

ストレスが原因の薄毛に効く育毛剤、効かない育毛剤・・・

ストレスが原因の薄毛というのは、その多くがホルモンバランスの乱れが原因です。
ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンが過剰発生したことが原因です。

 

そして、ホルモンバランスの乱れが原因による薄毛というのは、
ハゲかたに特徴があるということです。

 

側頭部や後頭部の髪は問題ないにも関わらず、前頭部や頭頂部が薄くなるのは、
明らかにジヒドロテストステロン過多が原因だと考えることができるのです。

 

抜け毛、薄毛対策で育毛剤を使用するのは問題ありませんが、
ジヒドロテストステロンの過剰発生による薄毛で悩んでいるのであれば、

 

 

ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤

 

 

を使用する必要があります。
なぜなら、ジヒドロテストステロンが薄毛の原因物質だからです。

 

巷には様々な育毛剤が存在します。
その中から、ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤を使用することが、
ストレスによる薄毛、抜け毛の最も効果的な対策になるのです。

 

ドラッグストア、薬局などのリアル店舗、またはネット通販で育毛剤を購入するのが
一般的かと思いますが、ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤というのは数が限られています。

 

全ての育毛剤にジヒドロテストステロンの抑制効果があるわけではなく、
ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤はそれほど多くはありません。

 

現在巷で販売されている育毛剤を、

  • ジヒドロテストステロンの抑制効果がない育毛剤
  • ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤

で分類すると以下のようになります。

 

 

ジヒドロテストステロンの抑制効果がない育毛剤

毛髪活性、 MARO、M-1ミスト、アデノゲン、アデノバイタルスカルプエッセンス、モウガ漲、
サクセス育毛トニック、加美乃素A、アロエ育毛液、カロヤンガッシュ、カロヤンプログレ、
カロヤンアポジカ、毛髪力zz、リゾゲイン、スカルプジェット、スカルプDネクスト、バイタルチャージ、
フレッシュトニック柑橘EX、 毛髪力イノベート、ケフトルローションEX、ヘアトニックグロウジェル、
インセント薬用毛髪躍動、モウガLモルティ、リアップX5プラス、リアップ、リアップジェット、
エヴォルプラスハツモールヘアグロワー、マイナチュレ、ベルタ育毛剤、リジュン、リアップリジェンヌ・・・

 

 

ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤

チャップアップ、フィンジア、バイタルウェーブ、ポリピュアEX、リデン、
イクオス、MSTT1、ブブカ、プランテル、Deeper3D、モウガシナジーX

 

 

ジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤というのは、抑制効果がない育毛剤に比べ、
その数は圧倒的に少ないです。そしてその多くはネット通販のみで販売されています。

 

中でも、チャップアップという育毛剤は、高いジヒドロテストステロンの抑制効果がある育毛剤として、
ホルモンバランスの乱れ(ジヒドロテストステロン過多)が原因の薄毛で悩む人によく選ばれています。

 

※ストレスが原因のハゲには、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

 

実際に、ジヒドロテストステロンの抑制効果という点で比較すると
チャップアップという育毛剤の効果が頭一つ抜きん出ています。

 

 

ジヒドロテストステロンの抑制効果比較
  • チャップアップ・・・★★★★★★
  • フィンジア・・・★★☆☆☆☆
  • バイタルウェーブ・・・★☆☆☆☆☆
  • ポリピュアEX・・・★★☆☆☆☆
  • リデン・・・★☆☆☆☆☆
  • イクオス・・・★★★☆☆☆
  • MSTT1・・・★☆☆☆☆☆
  • ブブカ・・・★★★☆☆☆
  • プランテル・・・★★☆☆☆☆
  • Deeper3D・・・★☆☆☆☆☆
  • モウガシナジー・・・★★☆☆☆☆

 

 

ストレスが原因で髪が抜ける人、薄毛が広がる人はたくさんいます。
ですが、ストレスが原因で髪が抜ける本当のメカニズムを理解していない人が非常に多いです。

 

ストレスが原因による抜け毛の原因は、多くがホルモンバランスの乱れです。
ジヒドロテストステロンが過剰に発生するためです。

 

であれば、ジヒドロテストステロンを抑制する育毛剤を使用することが一番の対策になります。

 

にも関わらず、むやみやたらと育毛剤を使用する人が多く見受けられます。
焦る気持ちは分かりますが、焦るからといって原因の対策に効果的でない育毛剤を
使用したところで、効果は限定的なのです。

 

ストレスで髪が抜ける、ストレスが原因でハゲる、と言う人はたくさんいますが、
ストレスで髪が抜ける本当の原因をちゃんと理解し、原因の対策に最も効果的な育毛剤を
使用することが、薄毛、抜け毛から脱出する近道なのです。